ねこ

猫の歯肉口内炎の原因と対処法は?

こんにちは、獣医師のにわくま(@doubutsu_garden)です。

口内炎ができると、ご飯をたべるのも嫌になってしまいますよね。

それは猫でも同じ。

猫の場合は歯肉や舌、口腔内全体に口内炎がみられ、激しい痛みや腫れを伴うことがあります。

悪化すると治りにくい病気でもあります。

そして、4歳以降の成猫の8割が口内炎をもっていると言われています。

今日は、猫の歯肉口内炎について解説します。

猫の歯肉口内炎の症状は?

歯肉口内炎の主な症状をあげてみます。

  • 口臭
  • 歯肉の腫れ・赤み
  • よだれ
  • フードを食べない(食べにくい)
  • 口を気にする
  • 痛み

軽度であれば、歯肉に赤みや腫れが見られるのみ。

ひどくなると、口臭、口を気にする動作、口を触られるのを嫌がるなどの症状が見られるようになります。

さらに重度になると、痛みやよだれ、口からの出血、食欲不振、体重減少が見られるようになります。

猫の歯肉口内炎の原因は?

原因は口腔内細菌やウイルスの関与、免疫反応の異常が考えらていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

口腔内細菌

多くの細菌が歯肉口内炎の猫から検出されていますが、直接の原因ではありません。

ウイルス

歯肉口内炎の猫ではカリシウイルスの抗体価が高いことから、カリシウイルスとの関連が考えられます。

カリシウイルスだけでなく、猫ウイルス性鼻気管炎ウイルスなど、複数のウイルスが関連していると考えられています。

猫白血病ウイルス(FeLV)、猫免疫不全ウイルス(FIV)のどちらか、もしくは両方に感染した猫においても、歯肉口内炎がみられます。

FeLV・FIVが陽性の場合、歯肉口内炎の症状が重度であることが多いですが、逆に症状がまったくない場合もあるので、FeLV・FIVの感染と症状の関係は一致しないものと思います。

また、歯肉口内炎の症状があるからといって、FeLV・FIVが陽性というわけではありません。

歯垢内の細菌に対する過剰な免疫反応

歯垢内の細菌や細菌が出す毒素に対する過剰な(異常な)免疫反応が原因と考えられています。

これは、歯肉口内炎の猫の多くが高γグロブリン血症であることからもわかります。

猫の歯肉口内炎の治療法は?

これまで説明してきたように、猫の歯肉口内炎は、口腔内細菌ウイルス免疫反応の異常が原因となります。

治療のポイントとしては2つ。

口腔内細菌を減らす方法と、過剰な免疫反応を抑えて痛みや炎症を取り除く方法。

口腔内細菌を減らす方法

  • 抜歯
  • 歯石除去
  • 口腔内清掃
  • 抗生剤

歯垢を除去し、口腔内の細菌の増殖を抑えることが重要。

麻酔をかけられる状態であれば、抜歯、歯石除去、口腔内清掃が有効。

とくに、「抜歯」が最も有効な治療法といえます。

歯肉口内炎の猫30頭に全臼歯抜歯の処置をおこなったところ、術後1〜2年で完治したものが60%、著名な改善がみられたものが20%、全く反応がなかったものが7%であった。

(参考文献)Hennetら : J. Vet. Dent., 14, 15-21, 1997.

にわくま
にわくま
有効率は93%と高いですね。

歯石除去や口腔内清掃は、ある程度の改善は期待できますが、処置後再び歯石が付いてしまうので、家庭で歯磨きなどのケアができないと、長期的な効果は期待できません。

抗生剤は、口腔内細菌を減らすことができますが、耐性菌の問題も出てくるので長期服用はむずかしいです。

単独ではあまり効果がみられないので、歯科処置の前後に投与するのがいいでしょう。

過剰な免疫反応を抑えて痛みや炎症を取り除く方法

  • ステロイド
  • 非ステロイド系抗炎症剤
  • 免疫抑制剤
  • インターフェロン
  • ラクトフェリン
  • 口腔内善玉菌

最も効果があるのはステロイド

しかし、一時的に症状は改善するが、完治するわけではなく、投薬を中止すると再び症状は悪化します。

次第に治療に対する効果がなくなることもあります。

免疫抑制剤や非ステロイド系抗炎症剤を併用する抜歯などの歯科処置をした後でを服用するといいでしょう。

また、これらの内科治療は一時的には効果がみられますが、やがて抵抗性がみられるようになります。

内科治療単独でおこなうのではなく、抜歯や歯科処置後に補助的におこなうのも有効

抜歯をするだけで維持できる場合も多いですが、処置後も症状が残る場合は、インターフェロンや口腔内善玉菌などを組み合わせて投与することで維持するといいでしょう。

まとめ:猫の歯肉口内炎は悪化すると治療困難に。早期発見が重要!

猫の歯肉口内炎は、犬と同様、初期のうちは気づきにくい病気。

気づいた時には、痛みがひどくてご飯を食べることができないなど重症化していることが多いです。

歯肉口内炎は悪化すると完治が難しいため、初期のうちに治療することが重要。

「食欲はあるけど食べ方がいつもと違う」

「ドライフードを嫌がる」

などささいな変化を見逃さないようにしましょう。

(参考文献)

Bellow : 24th Annual Veterinary Dentsl Forum. Abstract, P189, 2010

犬の歯周病の症状や原因とは?悪化する前に予防・早期発見を!犬の歯周病は重症になるまで気づかず、放置されていることが多いです。今日は犬の歯周病の症状や原因について解説します。...