いぬ

犬の毛包虫(ニキビダニ、アカラス症)の症状や治療法とは?

こんにちは、獣医師のにわくま(@doubutsu_garden)です。

「ニキビダニ」

聞いたことはありますか?

ニキビダニは、ほとんどすべての人間の顔の皮膚(皮脂腺)に寄生していて、皮脂を栄養として生きています。

ぞっとしますね…

さて、そんなニキビダニ、実は犬や猫にもいるんです。

とくに犬のニキビダニ症は病院でもよくみられます。

今日はニキビダニについて解説します。

ニキビダニとは?

現在、ニキビダニは

  • Demodex canis
  • Demodex injai
  • Demodex cornei
  • Demodexcyonis

の4種類が報告されていて、ニキビダニによる皮膚疾患をニキビダニ症といいます。

犬に多く猫では非常にまれな疾患です。

また、ニキビダニは宿主特異性が高く、他の動物種に寄生することはありません。

D.canisは毛包に常在していて、犬が生まれて哺乳をはじめてから2〜3日以内に母犬から子犬へ感染します。

成犬から成犬の感染はまれ。

ニキビダニ症の症状とは?

ニキビダニ症では局所性と全身性があるが、これらを鑑別することは治療法を決定するために重要なポイント。

局所性

局所性の特徴
  • 2.5㎝未満の病変が6ヶ所以下
  • 目や口の周り、四肢に好発
  • 予後は良好

全身性

全身性の特徴

  • 病変が13ヶ所以上
  • 顔や体幹部、四肢にかけて全身にみられる
  • 炎症が強く痛みが出ることもある

若年性と成犬発症性

発症年齢により若年性と成犬発症性にわけられます。

  • 若年性:3〜18ヶ月以内に発症したもので、成犬発症に比べると軽度で治癒しやすい
  • 成犬発症:18ヶ月以降に発症したもので、基礎疾患に起因するものが多い

成犬発症性のものでは、

  • 副腎皮質亢進症
  • 甲状腺機能低下症
  • 糖尿病
  • 免疫抑制剤による治療
  • 腫瘍
  • 加齢に伴う皮膚機能の低下

など、基礎疾患が関与していることが多く、皮膚の治療だけでは改善しません。

成犬の全身性のニキビダニ症では、皮膚検査以外に血液検査をおこない、基礎疾患が隠れていないか調べておく必要があります。

ニキビダニ症の検査法は?

毛包虫

写真の左の方にみえるのが毛包虫。
これを次の検査をして検出します。

犬では、1匹でもニキビダニが検出されればニキビダニ症と診断します。

抜毛検査

病変部位の毛を抜いて顕微鏡で検査します。

侵襲性は低い。

皮膚掻爬検査

鋭匙やメスの刃で、病変部位を血が出るぐらいまでこすり、採取したものをを顕微鏡で観察します。

抜毛検査より検出感度は高いが、侵襲性も高い。

掻爬検査は犬が痛がるとともに、皮膚から血が出るまで削るので、ひどくなったのではないかと思われることが多い。獣医師はしっかり説明しておく必要がある。

ニキビダニ症の治療法とは?

シャンプー(皮膚環境の改善)

若年性発症の場合、シャンプー療法のみで改善することが多いです。

  • 硫黄サリチル酸シャンプー(商品名:サルファサリチル酸シャンプー)
  • 過酸化ベンゾイルシャンプー(商品名:ビルバゾイル)

サルファサリチル酸シャンプー

フケが多ければこちらのシャンプーがオススメ▼

脂漏が多ければこれ▼

また、ニキビダニ症の場合、細菌感染が併発していることが多く、その場合はこちらのシャンプーでもいいかと思います。▼

二次的な細菌感染がある場合は抗生剤の投与もおこないます。

駆虫薬

  • イベルメクチン
  • ドラメクチン
  • ミルべマイシン
  • モキシデクチン
  • アフォキソラネル(商品名:ネクスガード)

これまではイベルメクチンの外用や注射が主流でした。

しかし、

本来ノミ・マダニ駆除薬であるイソオキサゾリン化合物(アフォキソラネル)が製品化されてから、ニキビダニ症に対する有効性が示されている。

(参考文献)Beugnet F. Halos L. Larsen D. de Vos C. Efficacy of oral afoxolaner for the treatment of canine generalised demodicosis. Parasite. 23 : 14. 2016.

ノミ・マダニ予防と同時にできるのでこちらを選択することも多くなってきています。

基礎疾患の治療

ニキビダニ症の背景に基礎疾患があると治療は困難になります。

皮膚の治療と同時に基礎疾患のコントロールをすることで、状態を維持することが可能。

また、発情や出産、ワクチン接種、消化管内寄生虫などが悪化因子となりうるので、注意が必要です。

まとめ:ニキビダニは正常な皮膚にも常在している。年齢や基礎疾患の有無によって予後はさまざま。

ニキビダニは正常な皮膚にも常在している寄生虫ですが、普段は毛包や脂腺に潜んでおり悪さはしません。

若年性のものや局所性のものであれば基本的には予後は良いです。

しかし、成犬発症性で全身性のものは基礎疾患に起因するものが多く、治療のコントロールがむずかしくなります。

その場合は、症状を緩和しながらうまく付き合っていくことが大事になるでしょう。