いぬ

教えて!ノミ・マダニの予防薬〜どの薬を選べばいいの?〜

ノミマダニの予防薬の選び方

ノミ・マダニの予防薬ってたくさんあるけど、うちの子にはどれがいいんだろう

価格や投与方法も違うみたいだけど、効果は同じなのかな

こんにちは、獣医師のにわくま(@doubutsu_garden)です。

にわくま
にわくま
動物病院に行くとノミ・マダニの予防薬をすすめられるけど、どれを選べばいいかわからないっていう人は多いよね。

ちょっと前まではそんなに種類は多くなかったんですが、ここ数年でいろんなメーカーから予防薬が発売されて、獣医師もどの予防薬を処方しようか迷うんですよね。

今日は主なノミ・マダニの予防薬について解説します。

ノミの症状と予防
犬や猫にノミがついていた!症状や駆除方法は?予防が重要!犬・猫を飼っているみなさん、ノミの予防しっかりしていますか?たかがノミ、とあなどっていませんか?ノミ予防の重要性を理解してもらうために、今日はノミの生態、ノミによる病害について解説します。...
犬のマダニの症状と対処法
マダニによる犬や猫の症状・病気・対処法とは?動物病院で犬猫のマダニの予防すすめられるけど、したほうがいい?マダニによる病気ってどんなの?うちは都会だし、散歩にも行かないからと大丈夫じゃないかな?今日は、マダニの生態やマダニが媒介する病気について紹介します。...

ノミ・マダニの予防薬にはどんなものがある?

にわくま
にわくま
動物病院で多く扱われているものをあげてみるよ!でも今から説明するのは一部分で、まだ他にもいろいろあるよ!
製品名 有効成分 投与方法
フロントライン フィプロニル
メトプレン
スプレー
スポットオン
フォートレオン イミダクロプリド
ベルメトリン
スポットオン
レボリューションプラス セラメクチン
サロラネル
スポットオン
ネクスガード アフォキソラネル チュアブル
ブラベクト フルララネル チュアブル
コンフォティス スピノサド チュアブル
シンパリカ サロラネル チュアブル


数年前まではスポットオンタイプが主流だったんですけど、最近はチュアブルタイプ(噛み砕いて服用するもの)が多いですね。

おいしく楽しくノミダニ予防をしようということで、メーカーもがんばって工夫しているようです。

ノミ・マダニ予防薬にはどんな種類がある?

フロントラインプラス

日本全薬工業から発売されていて、動物病院でおそらく最も多く扱われている予防薬。

スプレータイプスポットオンタイプ(滴下)があります。

フィプロニル(ノミ・マダニの成虫を駆除)
      +
メトプレン(ノミの卵の孵化・幼虫の発育を阻止)

問題点として、フィプロニル耐性のノミがいると報告されていること。

  • 24時間以内にほぼ100%のノミの成虫を駆除
  • ノミの卵・幼虫にも効果がある
  • 48時間以内にほぼ100%のマダニを駆除
  • 効果は1ヶ月持続
  • 8週齢から投与可能
  • 妊娠中・授乳中でも投与可能(獣医師と要相談)
  • 脂溶性のため、シャンプーの影響は受けにくいが、投与後48時間のシャンプーは控える
  • シラミ・ハジラミにも効果あり

フロントラインプラスは、スポットオンタイプで、首に液剤をたらすだけでオーケー。

フロントラインだけ購入するのに動物病院へ行くのは大変ですよね。

フロントラインを購入できるのは動物病院だけではないんです。

今はネットでも購入できます。

ペットゴー であれば、獣医師も在籍しており、何かあれば相談できるので安心して購入できます。

犬用フロントラインプラス その他のサイズ はこちらからどうぞ。

楽天やアマゾンへ出店しているので、ポイントを貯めている人はネットでの購入がお得です。

にわくま
にわくま
もちろん、獣医師の診察は定期的に受けてくださいね

フォートレオン

バイエル社から発売されたスポットオンタイプの予防薬です。

イミダクロプリド(ノミの吸血を阻止し、ノミの成虫を駆除)
      +
ペルメトリン(咬みつく前にマダニを駆除)

  • 犬専用
  • 投与後24時間以内に100%のノミを駆除
  • 投与後48時間以内にほぼ100%のマダニを駆除
  • 効果は5〜6週間持続
  • 蚊の忌避効果(よせつけない)がある
  • 7週齢から投与可能
  • コリー犬種は要注意

フォートレオンは犬専用ですが、蚊をよせつけないというのが大きな特徴ですね。

こちらもネットでの購入がお得。

ペットゴー であれば、定期便も利用できるので便利。

フォートレオン その他のサイズ はこちらからどうぞ。

レボリューションプラス

ゾエティスジャパンから発売されています。

以前から発売されているレボリューションの進化版。

特徴は、セラメクチンに加えてサロラネルが配合されたこと。

レボリューションではできなかったマダニの駆除ができます。

有効成分:

セラメクチン(ノミの成虫・フィラリアの幼虫(L2・L3)を駆除)
      +
サロラネル(ノミの成虫・マダニを駆除)

  • 猫専用
  • ノミの成虫、マダニ、回虫、鉤虫、フィラリアの幼虫に有効
  • 24時間で約98%のノミを駆除
  • 効果は1ヶ月持続
  • 耳ダニにも有効

ノミの卵や幼虫にも効果があるのは、レボリューションプラスとフロントラインプラスだけ!

にわくま
にわくま
猫のノミ、マダニ、フィラリア予防はこれ1本で大丈夫。

ネクスガード

ソフトチュアブルタイプの予防薬です。

牛肉風味でおいしく予防できそうですね。

有効成分:アフォキソラネル(ノミの成虫を駆除)

  • 犬専用
  • ノミの成虫、マダニを駆除
  • 6時間以内に100%のノミを駆除
  • 24時間以内にマダニを駆除
  • 効果は1ヶ月持続

このあとにネクスガードスペクトラが発売されていますが、こちらはフィラリア予防も同時にできます。

犬のフィラリアの検査と予防
犬のフィラリアの検査法と予防法は?予防薬にはどんな種類がある?獣医師のにわくまです。犬を飼っている人であればフィラリアの予防は毎年していると思います。フィラリア予防や検査の必要性、予防薬の種類について解説します。...

ブラベクト

インターベットから発売されています。

犬用はチュアブルタイプ猫用はスポットオンタイプがあります。

最大の特徴は効果が3ヶ月持続するということ。

にわうさ
にわうさ
年に4回の投与でいいから楽ね!

有効成分:フルララネル(ノミの成虫・マダニを駆除)

フルララネルは、フィプロニルで効果がなかったノミ・マダニの駆除にも効果が認められています。

  • 犬はチュアブルタイプ、猫はスポットオンタイプ
  • 12時間以内に100%のノミ・マダニを駆除
  • 効果は3ヶ月持続
  • 8週齢から投与可能
  • 妊娠中・授乳中の動物は慎重投与

コンフォティス

エランコジャパンから発売されています。

犬猫用ありますが、猫では唯一の内服できるノミ・マダニ予防薬です。

チュアブルタイプではないですが、ビーフフレーバーがついていて食べやすいです。

にわくま
にわくま
スポットオンタイプが苦手な猫はこれがおススメ。

欠点としては、胃腸粘膜刺激による嘔吐が出る可能性があること。

にわくま
にわくま
フードと同時に与えることで軽減されます。

有効成分:スピノサド(ノミの成虫・マダニを駆除)

  • 犬、猫用
  • 4時間以内にほぼ100%のノミを駆除
  • 24時間以内に70%のマダニを駆除
  • 効果は1ヶ月持続

シンパリカ

最近ゾエティスから発売された新商品ですね。

有効成分:サロラネル(ノミの成虫・マダニを駆除)

サロラネルはZoetis社動物専用に独自に開発した新イソオキサゾリン系化合物。

最大の特徴は、速効性強い殺滅効力

従来のイソオキサゾリン系化合物に比べてノミに10倍、マダニに3倍の殺滅効力があります。

  • 犬専用
  • 投与後3時間以内に効果が出はじめ、8時間後にはノミを100%駆除
  • 投与後8時間でマダニを90%以上駆除
  • 効果は35日間持続
  • 海外では、疥癬、毛包虫、耳ダニに対する治療薬としても認可されている

どうやって予防薬を選ぶ?

にわうさ
にわうさ
いろいろ種類があるみたいだけど、結局どれがいいのかな?
にわくま
にわくま
選ぶポイントはいくつかあって、自分に合ったものを選ぼう!

投与方法で選ぶ

経口薬(錠剤、チュアブル)スポットオンタイプのどちらかですね。

経口薬のメリット・デメリット

〈メリット〉

  • 投与が簡単
  • 薬剤を確実に投与できる
  • 効果が出るのが早い
  • シャンプーなどの影響がない

〈デメリット〉

  • 薬を飲まない子がいる
  • 皮膚がかゆくなる、下痢などの副反応が出る場合がある

スポットオンタイプのメリット・デメリット

〈メリット〉

  • 薬を飲まない子でも投与できる

〈デメリット〉

  • 毛についたりたれたりして、しっかり投与できない可能性がある
  • 皮膚があれたりかゆくなったりする可能性がある
  • シャンプーによって効果が弱まる可能性がある

こうやってみると、経口薬の方がメリットありそうですね〜。

実際、最近ではチュアブルタイプの予防薬が増えてきています。

スポットオンタイプは、薬剤が行きわたった皮膚にノミ・マダニが接触することで死滅し、経口薬は、ノミ・マダニが吸血することで死滅する仕組みのものが多いです

効果の持続時間、発現時間で選ぶ

これまでノミ・マダニ予防薬というと、1ヶ月に1回というものがほとんどでしたが、ブラベクトのように3ヶ月持続するものもあります。

投薬する手間をはぶきたいという人にはオススメ。(3ヶ月に1回なので忘れそうですが)

また、効果が現れるまでの時間も製品によって違います。

ノミは動物の体についてから24時間以内に産卵するので、実際にノミがいた場合は、できるだけ早く駆虫できるブラベクト、ネクスガード、コンフォティスがいいでしょう。

その他の効能で選ぶ

ノミ・マダニ以外にプラスαでついてくる効能があるので、そちらも考慮してもいいですね。

例えば、フィラリア予防も同時にできたり、耳ダニや毛包虫、疥癬にも効果がある薬もあります。

コリー犬種はイベルメクチン投与に注意

イベルメクチンはフィラリアなどの線虫に対する薬剤で、ノミ・マダニ予防薬に含まれていることが多いです。

コリー犬種(コリー、シェルティ、ボーダーコリー、オーストラリアンシェパード)は、MDR1遺伝子(イベルメクチンを脳内に入ってくるのを阻止する)がないため、神経症状を起こしてしまう可能性があります。

コリー犬種は、イベルメクチンが含まれていないものを選びましょう。

価格で選ぶ

年中必要なものなので、これも大事な要素ですね。

チュアブルタイプは、ビーフなどのフレーバーがついていたり、食べやすい工夫がされているため、価格は一番高いです。

動物病院によって設定価格は違いますが、新しく出たものやその他の効能によって価格は変わります。

まとめ

以前は、ノミ・マダニの予防薬というと、せいぜい2〜3種類だったのですが、最近になって新商品が各メーカーから発売されています。

とくに速効性、持続性を強調した商品が増えています。

ノミは体に寄生後5分以内に吸血、24時間以内に産卵を始めるといわれていますし、速効性が重要です。

また、飼い主さん目線からみて、長く効くというのは手間がはぶけるし、それなら予防しようかなという人も増えるのではないかと思います。

ただ、予防をしたらノミやマダニが寄生しないというものではないことを覚えておきましょう。


ノミ・マダニ予防薬は最近いろんな種類があって、飼い主さんだけでなく、獣医師もどれを処方するべきか迷うことがあります。

取り扱っている予防薬は、動物病院によって異なるので、一度かかりつけの獣医師に相談してみましょう。