いぬ

犬の熱中症の症状や原因は?予防と対策が重要!

こんにちは、獣医師のにわくま(@doubutsu_garden)です。

まだ暑さはそれほどでもないですが、これから梅雨、そして夏本番がやってきますね。

にわくま
にわくま
今年の夏も暑くなりそう〜。これからの季節、やっぱり心配なのがわんちゃんの熱中症。

夏の暑い時期に家で留守番させていたんだけど、家に帰ったらぐったりしてて…

散歩に連れて行ったらゼエゼエいってたおれてしまったんです。

こんな症状があるんだけどもしかして熱中症かな?でもどうしていいかわからない!

このようなことを経験したことのある方はたくさんいるのではないでしょうか。

熱中症で亡くなるペットも多いので、熱中症になる原因とすぐできる処置、対策法についてぜひ知っておいてほしいことをまとめました。

犬の体温調節の方法は?

犬の平熱は37.6〜39.2℃ぐらい。

人間より1〜2℃ほど高いです。

では、どのように体温調節しているのでしょうか?

犬が散歩や運動したあとに、舌を出してハアハア言っているのをみたことがありますよね。

これを”あえぎ呼吸”(panting ; パンティング)といいます。

気道から唾液を蒸発させ、その気化熱で体温を下げます。

浅く速く呼吸をするパンティングによって体内の熱を放出し、体温調節しているんですね。

犬が舌を出してハアハア呼吸してるけど大丈夫?パンティングってなに?獣医師のにわくまです。犬が舌を出してハアハア呼吸しているのを一度はみたことがありますよね。これは「パンティング」とよばれ、体温調節のためにおこなう正常な行動です。パンティングはどんなときにみられるのか、様子をみていても大丈夫なのかを解説します。...

熱中症とは?

犬も人と同じように熱中症になります。

そもそも熱中症とは、

高温多湿の環境に長時間いることにより、体温調節機能が働かなくなったり、体内の水分や電解質のバランスが崩れてしまい、全身の不調が出ること。

パンティングをしても体温を下げられなくなってしまうということですね。

体温が約42℃を越えると、心臓や脳、消化器、泌尿器などの細胞が死んでしまうため、多臓器不全におちいってしまいます。

適切な処置をしないと短時間で死に至ることもあります。

こんな症状がみられたら危険!熱中症の症状は?

一般的に、体温(直腸温)が40℃を超えていたら熱中症と判断しますが、犬の大きさや年齢によって平熱は異なります。

お家のわんちゃんの平熱を知っておくのも大切。

にわくま
にわくま
動物用体温計は家に1つ持っておいたほうが便利。

ちょっと嫌がるかもしれませんが、直腸(おしりの穴から入れます)で体温を測ります。↓

体温のほかにも、熱中症の初期症状を見逃さないことが重要です。

ではどんな症状がみられるかというと、

  • 体温が高い(40℃以上)
  • 呼吸があらい(浅くて速い)
  • よだれが多い
  • ふらつく
  • ぐったりしていて起き上がれない
  • 下痢
  • 嘔吐
  • けいれん

最初は、体を触るとあついな、呼吸があらいなという症状で気づくと思います。

だんだんふらついたり、立てなくなります。

重度になると、下痢や嘔吐、けいれんがみられます。

このとき体温は42℃以上になっていると考えられ、非常に危険な状態です。

おうちでできる熱中症の応急処置は?時間との勝負!

熱中症が疑われたとき、いかに早く処置をおこなうかが勝負です。

なかでも体を冷やすことが最優先、最も重要です!

ひとまず39.7〜40℃まで下げることが目標となります。

有効な冷却方法

  • 冷房の効いた部屋もしくは風通しのいい日陰に移動する
  • 水を体にかけ、扇風機やうちわで揮発させる
  • 首や脇、股に保冷剤をはさむ
  • 水分補給(可能であれば)

熱中症かなと思ったときにすぐできることは、体に直接水をかけること。

散歩中であればペットボトルの水、家であればシャワーをかけましょう。

病院へ連れていくまでの間も、冷房のきいた車で移動する保冷剤を使うなどして、なるべく体温を下げるような応急処置をすることが重要です。

次に、一見体を冷やすように思えるけど、あまりおすすめではない方法を紹介します。

おすすめしない冷却方法

  • 氷水で冷やす
  • 冷たいタオルで体をおおう
  • 肉球を冷やす
  • アルコールをかける

体を冷やすことが大事とはいっても、急激に冷やすのではなく、ゆっくり冷やすことを心がけましょう

氷水など冷たすぎる水で急に冷やすと血管が収縮してしまい、熱をうまく放散できません。

タオルで体をおおうと、冷水が温まり、断熱材のようになってしまうでおすすめできません。

肉球を冷やすのはダメではないのですが、面積が小さく、あまり効率的ではありません。

アルコールをかけたり、アルコールで体をふく方法も以前はよくおこなわれていましたが、引火の危険があったり、熱放散効率も水のほうがいいので、あまりおすすめしません。

熱中症の危険要因とは?

熱中症を予防するために、熱中症になりやすい要因というのを知っておく必要があります。

熱中症になりやすい要因は、環境側と犬側にあります。

環境要因

  • 屋外飼育(風通しが悪く、日陰がない場所)
  • 高温多湿の室内
  • 昼間(気温が高い時間帯)の散歩
  • 暑い日の車内放置

熱中症になるのは屋外が多いと思っていませんか?

実は、屋内で熱中症になることのほうが多いんですね。

6月〜9月ごろになると熱中症の患者さんが多くやってきますが、約8割は家の中で熱中症になっているんですね。

暑い時間帯の散歩や車内放置は言うまでもありませんよね。

犬側の要因

  • 短頭種
  • 肥満
  • 子犬や老齢犬
  • 北方犬

同じ環境にいても、熱中症になる犬とそうでない犬がいます。

上の特徴に当てはまる場合はとくに注意が必要です。

短頭種

パグやフレンチブルドッグ、ブルドッグ、ボストンテリア、シーズー、ペキニーズなどの短頭種は他の犬種に比べて熱中症になりやすいです。

短頭種は鼻腔・口腔が小さく、気道も狭いため、呼吸によって熱を逃がして体温を下げるのが苦手なんですね。

肥満

肥満の犬は軽い運動でもエネルギーを消費が大きく、熱も多く産生します。

また、脂肪が熱をためこみ、放散しにくくなるので体温が上がりやすいです。

子犬や老齢犬

子犬や老齢犬は体温調節がうまくできないので、より注意が必要です。

熱中症にならないための予防法や対策は?

熱中症にならないように日頃から気をつけることが大事です。

  • 留守番させるときは、室温が上がらないようにする(冷房をつける、風通しをよくする)
  • 水分をいつでもとれるようにする
  • いつもいる場所にクールマットを置く
  • 日中の散歩はひかえる
  • 車に乗せるときは冷房をつけ、わずかな時間でも車内に残さない
  • 肥満にならないようにする
冷房の設定温度は何℃がいいのかな
にわくま
にわくま
一般的には25〜27℃が快適といわれているけど、その子によって異なると思うよ

よく聞かれる質問ですが、部屋の大きさや外気温、犬種によって体感温度は変わるので、むずかしいところですね。

冷房の設定温度を変えてみて、犬がパンティングをせずに気持ちよく寝られるかどうかを基準にしてみましょう。

冷房だけで温度管理をするのはむずかしいので、カーテンを閉めて直射日光が当たらないようにする、冷却グッズを置いておくなどの工夫が必要です。

また、散歩は日中を避けて、朝気温が上がる前や、夕方アスファルトの温度が下がってからの時間帯に行くようにしましょう。

日が沈んでも、アスファルトの温度がまだ高いうちは危険です!

熱中症対策グッズを上手に利用しよう!

現在ではたくさんの熱中症対策グッズが販売されています。

クールマット

家の中うや車の中、外出先でも使えるクールマット。

冷やしたりする必要がなく、そのまま使えます。

1日使ってもまだ少しひんやり感が残るぐらい、もちがいいです。

犬や猫だけでなく、人も気持ちよく寝られると思います。

耐久性にも優れていて、噛んだり引っかいたりしても破れにくい素材。

クールバンダナ

これも持っておきたいアイテム。

熱中症対策には首回りを冷やすことが大事。

バンダナを水で濡らし、(冷蔵庫で10分ほど冷やすとよりひんやりする)散歩の時に首に巻くだけでオーケー。

クールベスト

体幹全体をひんやり包んでくれるベストで、散歩やアウトドアの時に使えますね。

サイズも豊富で、着脱も簡単、縫製もしっかりしています。

クールミスト

家の中でも散歩中でも使えるクールミスト。

ミントっぽい爽やかな香りです。

お散歩バッグに常備しておいてもいいですね♪

うまく活用して暑い夏を乗り切りましょう!

まとめ:犬の熱中症は命に関わる!暑くなる前に予防と対策を!

人間と犬では平熱も体感温度も異なります!

飼い主さんが適温だと思っていてもわんちゃんにとっては暑いと感じることがあります。

私たちにとってはまだ涼しいかなという5月ぐらいから、熱中症で運ばれてくるわんちゃんが増えてきます。

熱中症は予防と対策次第で防ぐことができます。

そして、ちょっとした犬の”暑い”のサインを見逃さないことで早めに対処することもできます。

様子がおかしいなと感じたら早めに病院へいきましょう。