いぬ

犬のツメダニ症の原因と対処法は?大量のフケが出る?

こんにちは、獣医師のにわくま(@doubutsu_garden)です。

前回は犬のマダニについてお話ししましたね。

犬のマダニの症状と対処法
マダニによる犬や猫の症状・病気・対処法とは?動物病院で犬猫のマダニの予防すすめられるけど、したほうがいい?マダニによる病気ってどんなの?うちは都会だし、散歩にも行かないからと大丈夫じゃないかな?今日は、マダニの生態やマダニが媒介する病気について紹介します。...

今回は、犬のツメダニ症についてお話しします。

同じダニでも全然違います。

犬のツメダニ症とは?

爪のなかに寄生するダニなのかな?
にわくま
にわくま
特徴的な”爪”を持ったダニのことで、犬の背中やしっぽの付け根になどに生息しているんだよ。

ツメダニは、

  • 主に犬に寄生するイヌツメダニ(Cheyletiella yasguri
  • 主に猫に寄生するネコツメダニ(C. blakei
  • 主にウサギに寄生するウサギツメダニ(C. parasitovorax

などが代表的です。

「主に」と書いたのは、この3つのツメダニは宿主特異性が低く、犬、猫、ウサギ全てに感染する可能性があるからです。

たとえばネコツメダニが犬に寄生することがある、とか。

人にもうつるの?
にわくま
にわくま
人にも感染する人獣共通感染症だけど、人の皮膚では繁殖できないんだ。だから、かゆみや湿疹などの症状が一過性に出るぐらいだね。

イヌツメダニの特徴

  • 体長0.3〜0.5㎜で、肉眼ではほとんどみえない
  • 卵→さなぎ→幼虫→若虫→成虫と成長し、寿命は約35日間
  • 頭部にフックのような爪をもっている
  • 爪を使って犬の皮膚の組織液を摂取して生活している

ツメダニの感染経路は?

ツメダニに感染した犬と直接接触することでうつります。

また、ツメダニは宿主の体を離れても数日間は生存可能です。

にわうさ
にわうさ
ベッドやタオルなどを介して、間接的に別の犬へ感染することがあるということね。

犬のツメダニ症の症状は?

  • 大量の白いフケ
  • 湿疹
  • かさぶた
  • 脱毛
  • 皮膚の炎症

一番特徴的な症状は大量の白いフケ

ツメダニが大量に増えると、白いフケがたくさん歩いているようにみえるので、”歩くフケ(Walking dandruff)”とよばれます。

発生場所は背中から腰にかけて多いですが、しっぽの付け根耳の付け根にもみられます。

被毛は粗剛(かたくてバサバサ)のことが多いです。

また、ツメダニが皮膚を刺すことによる湿疹かさぶたがみられます。

かゆみがあるので、強くひっかくことにより、脱毛皮膚の炎症がひどくなります。

1才未満の子犬では症状が強くみられますが、成犬では無症状のことが多いです。

気づかないうちに感染源となっているかもしれません。

猫やウサギを飼っている場合は、犬から感染する可能性があるので注意が必要です。

犬のツメダニ症の症例紹介

それでは、実際の症例を紹介します。

今回は、生後3ヶ月のチワワちゃんです。

大量んの白いフケが見られるツメダニのチワワ

ちょっとぶれていますが、頭部に大量の細かい白いフケがみえますね。

大量の白いフケの拡大写真

背中から腰にかけて全体的に白いフケがたくさん。

この辺りの毛とフケをセロテープでペタペタ採取します。

そして顕微鏡で観察すると…

イヌツメダニの成虫

いました、ツメダニ。

残念ながら卵はみつけられませんでした。

ツメダニ症の治療法は?

  • 駆虫薬
  • シャンプー

この2つが重要です。

駆虫薬は、

  • フィプロニル(商品名:フロントライン)を2週ごとに2回投与
  • セラメクチン(商品名:レボリューション)を1ヶ月ごとに3回投与
  • イベルメクチンを2〜3週ごとに3回投与

同時に、シャンプーを週に1回、1ヶ月ほど続けましょう。

にわくま
にわくま
同居している猫やウサギがいたら一緒に治療しましょう。

フケやかゆみがなくなり、毛検査をしてツメダニが検出されなくなったら治療終了です。

ツメダニ症の予防法は?

ツメダニは、宿主から離れても数日間は生存できます。

なので、感染した犬の毛やフケが地上に落ちて、それに接触することによって間接的に感染することがあります。

床やケージ、ベッドなどの生活環境は徹底的に掃除し、コームやタオルは使い回さないようにしましょう。

まとめ:ツメダニの症状は大量のフケが出るのが特徴!家に迎えたら病院で検査を受けよう!

ツメダニなんて初めて聞いた!という人も多いと思います。

犬では大量のフケが出るのが特徴で、人では強い症状は出ないものの人獣共通感染症です。

とくに1歳未満の仔犬で強い症状が出ることがあり、ペットショップやブリーダーのところですでに感染している可能性が高いので、家に迎えたら一度検査を受けてみるといいですね。