獣医師の仕事

動物病院で働く獣医師の1日

こんにちは、獣医師のにわくまです。

動物病院の1日の流れってどんな感じなんだろう?って気になったことはありませんか?

今日は、私が動物病院で獣医師として働いていたときの1日のスケジュールを紹介したいと思います。

7:30〜8:00 出勤

ながーい1日が始まります。

診察時間は9時からですが、9時に出勤するわけではありません。

入院動物やペットホテルにいる動物の数によって毎日の出勤時間は異なりますが、だいたい7時半から8時の間に病院に着くように家を出ます。

〜8:30 入院動物の管理

出勤したらまずは入院動物の体調チェック。

8時半から全員でミーティングをするので、元気食欲はあるか、便や尿をしているかなどを確認。

投薬や血液検査もします。

8時半までに全ての管理を終わらせて、全員でミーティング、申し送り。

外来診察の準備をはじめます。

9:00〜 午前の診察

9時ちょっと前から診察開始。

体調の悪い子、健康診断、予防接種などいろんな子が病院へやってきます。

日によって混み具合はまちまち。

3月下旬から6月ぐらいまではどの病院も繁忙期。

フィラリア予防や狂犬病予防接種のために、病気でない子も来院するのでとっても忙しい。

普段は1日平均60〜70件、繁忙期では120件ほどの診察をしています。

午前の診察は12時まで。

12時ちょうどに診察が終わることはほとんどなく、1時ぐらいまでかかります。

13:00〜 手術・検査

午前の診察が終わったら休む間もなく、手術・検査へ。

だいたい毎日1〜3件の手術が入ってます。

エコー検査やCT検査など時間のかかる検査も、この時間帯におこないます。

往診が入ることもあります。

手術・検査が終わったら急いで昼食、ちょっと休憩へ。

17:00〜 午後の診察

ようやく後半戦。

午前の診察と同じで、外来診察をおこないます。

時間どおりに診察がおわることはなく、だいたい21時ぐらいまで診察をしてます。

タイムカードとか出勤時間の管理は何もされてない病院だったので、残業とかそういう概念はありません笑

診察終了後

これで1日の診察は終了。

が、まだまだ仕事は残ってます。

入院動物の体調管理や投薬を順番にしていきます。

そのあと、今日来院した患者さんのカルテを見なおしながら、治療プランを考えます。

自分一人で考えるのではなく、ほかの獣医師の意見も聞きながら、全員で情報を共有するようにしてます。

そして、次の日の手術の準備をして帰宅。

帰宅

帰宅するのはだいたい11時ぐらいですね。

たまに日をまたぐことも。

家に帰って、勉強することもあれば、お風呂に入って寝るだけのこともあります。

当直というのはやっていないんですが、緊急で患者さんから電話があると、当番の人は真夜中でも診察にいかなくてはいけません。

いかがでしたか?

こんな感じで1日を過ごしてます。

さ、明日もがんばるぞー!